妊婦さんはアサイーを食べていいの?妊娠初期、授乳中でのアサイーの効果と食べ方

妊婦さんはアサイーを食べていいの?妊娠初期、授乳中でのアサイーの効果と食べ方 スーパーフード

妊娠中・授乳中は通常より、鉄分やビタミンなどの栄養素を多く食べる必要がありますよね。

「不足しがちな栄養がとれる、栄養豊富な食品ってあるのかな?」

そんなとき、
ビタミンやミネラルが豊富なスーパーフード”アサイー”が気になっている方も多いのではないでしょうか?

でも、
「妊娠中・授乳中に食べても大丈夫なのかな・・・」
なんて思うもの。

妊娠中・授乳中は食べるものに特に気をつけますよね。
また、栄養豊富な食品だからこそ、妊娠中・授乳中に食べても大丈夫なのか不安もあると思います。

結論、アサイーは妊娠中に食べても大丈夫!
というわけでこの記事では、妊娠中・授乳中にアサイーを食べて期待できる効果を紹介していきます!

もりな
もりな

不安をなくして、安心して食べてくださいね。

【お試し半額】新鮮野菜をおうちに届けてもらおう!

アサイーは妊娠中に食べても大丈夫!

アサイーは妊娠中に食べても大丈夫!

妊娠中・授乳中は赤ちゃんの健康のためにも、食べるものに注意が必要ですよね。
まずは、妊娠中に気をつけたい栄養素について紹介します。

妊娠中に食べてはいけないもの

  • アルコール(お酒)

妊婦さんが摂取量に注意が必要なもの

  • カフェイン(コーヒーや紅茶など)
  • 水銀(マグロ、キンメダイ、メカジキなどの魚)
  • ヨウ素(海藻類)
  • ヒ素(ひじき)
  • ビタミンA(レバーやウナギなど)

参考:妊娠中の食材・食事について

アサイーは上記で紹介した栄養素は含まれていません。
むしろ、妊娠中・授乳中に不足しがちなビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
このことから、アサイーは妊娠中・授乳中に最適な食品だといえるでしょう。

妊娠中・授乳中にアサイーがおすすめな理由

妊娠中・授乳中にアサイーがおすすめな理由

栄養豊富なアサイーは妊娠中・授乳中にも最適な食品!
「でも、具体的にアサイーはどういいの?」

妊娠中・授乳中にどのような効果があるのか気になりますよね。
ここからはアサイーの栄養と効果について説明していきます。

アサイーは鉄分補給にぴったり!

アサイーは植物性の食品からの鉄分摂取です。
アサイーに含まれる鉄分の量は、なんとレバーの3~5倍!
鉄分がかなり含まれていることが分かりますね。

鉄分といえば他にもレバー等のお肉やマグロ、カツオ等のお魚にも含まれています。
動物性の食品からの鉄分摂取は、植物性の食品の鉄分に比べると体に吸収されやすいのです。

「それじゃあ、アサイーは鉄分いっぱいでも体に吸収されないの?」

確かにアサイーの鉄分は植物性で、体に吸収されにくい鉄分です。
しかし、鉄分の吸収を助けてくれるビタミンB・ビタミンCや葉酸もたくさん含まれています!
これにより、植物性の鉄分でも効率良く体に吸収されますよ。

もりな
もりな

やはり、アサイーは鉄分補給にぴったりな食品といえそうですね。

妊娠時の貧血対策にも役立つアサイー

妊娠時の貧血対策にも役立つアサイー

妊娠中は貧血になりやすい

妊娠中・授乳中は特に鉄分を必要としています。

鉄分は酸素を運んだり、免疫力を高めるなどの働きをしています。

妊娠中に鉄分が足りないと、めまいが起きる・血が止まりにくいなどの心配があります。
また、鉄欠乏性貧血になる可能性も。

授乳中では鉄分が足りないと、母乳が出づらくなる心配があります。
母乳は赤ちゃんに必要な栄養の補給・免疫力を高めるなどの効果があります。

このように赤ちゃんを無事に出産し、授乳するために鉄分は重要な働きをしているんですね。

アサイーは鉄分を豊富に含み、鉄分を吸収するのに必要なビタミンも多く含まれています。アサイーは鉄分不足による貧血の予防に役立つんですね。

妊娠中や授乳中に必要な栄養がたっぷりな食品

妊娠中や授乳中は鉄分のほかにビタミンの補給も大事です。
こんなとき、アサイーはぴったりの食品だと言えます。

アサイーは鉄分だけ豊富なわけではありません。
ビタミンBやビタミンC、葉酸などのビタミンやカルシウム、食物繊維なども豊富に含まれています。

ビタミン・ミネラルの補給や便秘予防にも役立つんですね。

アサイーは食欲のないときでも食べやすい

妊娠中・授乳中は体調の変化が大きく食欲がないときもありますよね。
特に味がしっかりついているものは、食べづらいのではないでしょうか。

その点、アサイーは味がほとんどありません。
見た目はブルーベリーに似てるので味も似ているのかと思っていましたが、違うんですね。

味があまりしないので、他の食品と混ぜて食べやすいんですね。
食欲があまりないような時でも、食べやすいのではないでしょうか。

妊娠中・授乳中のアサイーの食べ方

妊娠中・授乳中のアサイーの食べ方

「アサイーをどうやって食べるのがいいのかな?」

どんな食品と組み合わせて食べればいいか気になりますよね。
アサイーの栄養をしっかり摂れるおいしい食べ方を紹介します!

スムージーやジュースにして飲む

スムージーやジュースはアサイーの栄養を効率よく摂るのにぴったりな食べ方です!

それは体が鉄分を吸収するときに、鉄分と一緒に摂ると吸収を助ける栄養素があるんです。
その栄養素がビタミンBやビタミンC、葉酸などのビタミンやたんぱく質なんですね。

つまり、ヨーグルトや牛乳、豆乳などと合わせてスムージーやジュースにするのがおすすめ。
他にも、いろんな果物と一緒に試してみるのもいいですよ。

また、妊娠・授乳中は水分補給も大事です。
スムージーやジュースにすることで、不足しがちな鉄分などのミネラル・ビタミン・水分が効率よく補給できますよ!

アサイーボウルにして食べる

アサイーボウルにして食べる

アサイーボウルとは、アサイーのピューレやスムージーにグラノーラや果物を乗せたものです。
もとはブラジルで生まれたデザートですが、朝食として食べる方もいらっしゃるそうです。

アサイーのピューレやスムージーを作り置きしておくとすぐに食べられますね。
ピューレやスムージーにグラノーラや果物を乗せることで、食物繊維やビタミンなどがさらにいっぱい食べることが出来ますね。

アサイーを食べるときの注意点

栄養補給にぴったりなアサイーですが、注意することがあります。

それは、食べ過ぎると下痢や腹痛などの症状がでてしまうこと。
食べる量の目安は200g程度までにしましょう。
症状がでる量は個人差があるので、量に注意して食べるといいですね。

栄養が不足しがちだからと言って、取り過ぎるのも悪影響が出てしまいます。

また、体質に合わないようであれば、食べない方がいいでしょう。

赤ちゃんに関わるデリケートなことです。
なので、アサイーを食べる際は医師や管理栄養士に相談した上で、食事に取り入れると安心でしょう。

また、お腹を冷やすことがないように気をつけましょう。
アサイーを食べるときは、冷たいものより常温くらいのものがいいですよ。

まとめ

まとめ

アサイーは栄養たっぷりの食品です。
アサイーなら妊娠中・授乳中の食欲がないときでも食べやすく、ビタミンやミネラルなどの栄養補給にぴったりですね。
自分の体調の変化を見ながら、無理せず食事に取り入れてはいかがでしょうか?

コメント