免疫力アップ!グリーンスムージーで病気しらずの体に!

免疫力アップ!グリーンスムージーで病気しらずの体に! グリーンスムージー

風邪をすぐひいちゃう。ひいた風邪は長引くし。。。なんか疲れもとれない。
もしかして免疫力が落ちているのかも?

免疫力が落ちていると 体力の低下、肌荒れ、花粉症やアレルギーの悪化にもつながります。

免疫力の低下にはいろいろな原因がありますが、現代人において野菜不足も免疫力の低下につながる大きな原因の一つといわれています。

では、免疫力を高めるためにはどれだけ野菜をとればいいのでしょうか?

一日に必要な野菜の摂取量は350g(緑黄色野菜120g/淡色野菜230g)といわれています。
かといってレタス丸ごと1個というのではなく、いろいろな種類の野菜をバランスよくとることが大事・・・

いろんな野菜をバランスよく

となると、それなりに手間と時間がかかりますね。

もりな
もりな

今の世の中、1日3食すべて野菜料理をつくっている時間はなかなかありません。。。

そこで簡単に野菜をとる方法として登場したのがグリーンスムージーです!

グリーンスムージー

というわけで、今回は免疫力アップに繋がるグリーンスムージーの効果や効率的な摂取方法について紹介していきます。

この記事を読めば以下のことがわかります。

  • 免疫力アップにグリーンスムージー
  • 免疫力と腸内環境の関係
  • いつ飲むのが効果的?摂取量は?
  • おすすめグリーンスムージー

「このごろ風邪をひきやすくなったなー」と感じている方は必見。
グリーンスムージーで体内から健康になりましょう。

【お試し半額】新鮮野菜をおうちに届けてもらおう!

免疫力アップにはグリーンスムージー!

健康になろう!

簡単においしく時間をかけず、野菜をを取れる方法はないでしょうか?

野菜と果物をミキサーにかけてグリーンスムージーにすれば、美味しく楽しみながら飲むことができます。
胃腸にも負担をかけずに野菜をたくさんとることができ、免疫力アップにつながりますね。

そもそも免疫力とは?

免疫力とは、体内に侵入したウイルスや細菌から身を守る自己防衛システムのことをいいます。白血球が病原体と戦って、体外に出す働きをしてくれるんですね。

免疫力が高い状態を保つと、病気にもなりにくく健康でいられます。

免疫力が弱っていると?

  • 疲れがとれない
  • 肌荒れする
  • 風邪をひきやすい
  • 花粉症が悪化
  • その他アレルギー反応

免疫力が弱まると、こういった悪い面があります。

ガンや糖尿病、心臓病といった病気にもつながりかねないので注意が必要です。

腸内環境をととのえて免疫力アップ!

免疫力が弱る原因の一つに偏食があげられます。

お肉や炭水化物が多めの食事ばかりしていると野菜不足になり、腸に負担がかかって腸内環境のバランスの乱れにつながります。

もりな
もりな

「腸は第二の脳」なんていわれてるし、腸内環境と免疫力は密接につながってるのね。

腸内環境と免疫力の関係

免疫力と腸は深く関係しています。

腸が弱ってくると、悪玉菌の数が善玉菌の数を上回ってしまいます。

悪玉菌が増えると免疫力ダウンにつながります。

悪玉菌をへらして善玉菌を増やすには?

日本人は食物繊維の摂取が足りないといわれています。

野菜に含まれる食物戦繊維は悪玉菌を減らして腸の働きを良くしてくれます。

もりな
もりな

つまり、一日にとる野菜の量を増やすだけで善玉菌アップにつながるということね。

グリーンスムージーはいつ飲むのが効果的?量はどれだけ飲めばいい?

いつ飲むのが効果的?量はどれだけ飲めばいい?

グリーンスムージーは基本的にはいつ飲んでも問題はありませんが、朝に飲むと代謝をあげる効果が高まるのでおすすめです。

人間の体は寝ている間にもカロリーを消耗するため、朝にスムージーを摂取することで元気に一日がスタートできます。

また、繊維質を多く含むグリーンスムージーは便秘予報にも効果的です。

もりな
もりな

毎日、スッキリしますよ〜笑

無理なく続けるためには?

まずは朝一杯、朝食と一緒に飲むことから始めてもいいかもしれません。
オレンジジュースを飲んでいるならグリーンスムージーに置き換えましょう。

グリーンスムージーには酵素が多く含まれています。
朝食と一緒に飲むと、酵素が消化を助け胃腸への負担を減らしてくれます。

もりな
もりな

ただ、グリーンスムージーにも注意点があるんですよ。

グリーンスムージーのデメリット

グリーンスムージーは葉野菜・果物・水(氷)をミキサーにかける作り方が一般的です。

ですが、冬場など寒い時期は逆に体を冷やしてしまって免疫力が落ちてしまう可能性があります。

さらに、グリーンスムージーは流動食のようなもの。
流動食は噛まないので唾液が分泌されません。
つまり消化不良を起こす可能性もあります。

寒い時期にはホットグリーンスムージーがおすすめ

風邪予防対策。ホットスムージーで免疫力アップ!

でも、ちょっと工夫するだけでグリーンスムージーのデメリットを防ぐことができます。

それは温めてホットスムージーにする方法。

今回はそんなホットスムージーのおすすめレシピを紹介します。

風邪予防対策。ホットスムージーで免疫力アップ!

材料

  • いつものスムージー
  • 生姜
  • ハチミツ
  • りんご

作り方

  1. 通常のようにグリーンスムージーを作ります。
  2. すりおろし生姜とハチミツ、カットしたリンゴを加え温めます。
※カットしたリンゴをいれてあげることで、噛むことがプラスされます。
体はポカポカ、栄養も吸収されやすくなります。
もりな
もりな

スープのように飲むスムージー、忙しい朝などにぜひ試してみてくださいね。

免疫力アップ!グリーンスムージーで病気しらずの体に!まとめ

まとめ

「グリーンスムージーは腸内環境を整えて免疫力アップに効果がある」ということについて、お分りいただけたでしょうか。

もりな
もりな

私は今まで何も考えず、二日酔いや夜食べ過ぎた次の朝にグリーンスムージーにお世話になっていました。(笑)

「季節の変わり目にいつも風邪をひいてしまう」という方は、これからは冬に向けて免疫力を強化しましょう。
毎日の朝食と一緒にホットグリーンスムージーを試してみてくださいね!

コメント