野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくていいの?栄養と効果比較

野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくていいの?栄養と効果比較 野菜ジュース・コールドプレスジュース

ふっと立ち寄ったコンビニで、

あーこの頃野菜不足だしなー。野菜ジュースでも飲んでおくかー。

と気軽に買える美味しい野菜ジュース。

これさえあれば、野菜食べなくてもいいもんねー。

て思っちゃいますよね。

実際はどうなのでしょうか?

私も、冷蔵庫にはいつも野菜ジュースが入ってます。野菜を取ってる気分で、グビグビ飲んでいますが。。。

今回は、野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくていいの?

の疑問について調べてみました。

残念ながら、野菜ジュースは野菜を食べたといことにはならないようですね。

この記事を読めば、

  • 野菜ジュースで野菜を食べたことになるの?
  • 野菜ジュースの欠点
  • 野菜ジュースでとれる栄養素
  • 野菜ジュースの効果的な飲み方は?

がわかります。

明日からの野菜ジュース選びにお役てくださいね。

【お試し半額】新鮮野菜をおうちに届けてもらおう!

野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくていいの?

野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくていいの?

市販の野菜ジュースのパッケージにはよく

1日分の野菜がたっぷりとれる。。。

と書いてありますよね。実際に一日分の野菜が取れるのでしょうか?

結論からいうと、野菜ジュースを飲んだだけでは野菜を食べたということにはなりません。

それにはいくつかの理由があります。

野菜ジュースの欠点{3つあります}

  • 熱によって栄養素が壊れる
  • 食物繊維が取り除かれる
  • 添加物が入っている

市販されている多くの野菜ジュースは、製造過程で加熱され、ろ過されます。

その過程で失われてしまう、野菜の大事な栄養素があるようです。

熱によって栄養素が壊れる

生野菜に含まれる、熱に弱い栄養素

  • ビタミンC
  • 酵素

ビタミンCと酵素は製造過程で大半が失われてしまうようです。

ビタミンC

免疫力を高め、皮膚や骨の健康を維持する栄養素です。美肌効果、や美容にも欠かせない栄養素。ビタミンCは熱に弱く、すぐに壊れてしまう性質があります。

酵素

消化、吸収、代謝、排泄を行うために必要な栄養素です。生野菜には沢山の酵素が含まれています。酵素は、40度-50度に達すると壊れると言われています。

特に酵素、ビタミンCは野菜から取れる栄養素として重要です。

この二つが取れないのに野菜ジュースなの?ということになります。

食物繊維が取り除かれる

ジュースをろ過した際に取り除かれる栄養素

  • 食物繊維

食物繊維は野菜を絞った際にでる、カスなどに含まれていますが、

口当たりが悪いため取りのぞかれてしまいます。

食物繊維とは

腸に働きかけ排便をスムーズにし、腸内環境をととのえてくれ、身体を健康に保ってくれる

栄養素です。

食物繊維は野菜の大事な栄養素の一つ。

食物繊維が取り除かれてしまうと野菜本来の栄養が取れるということからは、ちょっと言いにくくなってしまいますね。

添加物が足されている

ジュースによっては、飲みやすくする為に砂糖を加えたり、

製造過程で少なくなった栄養素を後から足したりします。

市販されている多くの野菜ジュースには

加工された野菜の栄養素が入っていることになります。

なので、

一日分の野菜がたっぷりはいった。。。

などのパッケージのタイトルは

その量の野菜はいっているかもしれないけど、

野菜本来の栄養がとれるわけではないということになりますね。

でも、市販の野菜ジュースが意味がないわけではない

でも、市販の野菜ジュースが意味がないわけではない

野菜ジュースのの酵素やビタミンCは製造過程で加熱することによって失われてしまいますが

熱を加えることによって、増える栄養素もあります。

人参、トマト、ほうれん草に含まれる

  • βカロテン
  • リコピン

βカロテンとリコピンは熱を加えて加工品にすることで体への吸収率が高まるようです。

βカロテン

βカロテンは体内でビタミンAに変化します。強い抗酸化作用があり、視力の改善、

免疫力アップ、ガン予防などに効果がある栄養素です。

リコピン

強い抗酸化作用があり、ガン予防、が老化防止、糖尿病予防 などに効果がある栄養素です。

なので、市販の野菜ジュースを選ぶときは無理して、

野菜すべての栄養素を取ろうとしないでオーケー。

例えば、トマトジュースや人参ジュースなど熱を加えることによって栄養の増えるジュース

などを選んで、効率的に体に取り入れてみるのがいいでしょう。

このほうが、市販の野菜ジュースとはいえ効率的に身体に栄養を取り入れることができます。

野菜ジュースの効果的な飲み方は?

野菜ジュースは液体なので、ダイレクトに胃にはいっていくため、栄養が吸収されやすく感じますよね。

でも、野菜ジュースは実際に野菜を噛んで食べるより、栄養が吸収しにくいようです。

実際の野菜は固形物なので、噛んで、唾液とまざって、酵素の助けをかりながら消化を行い栄養になります。

野菜ジュースさえ飲んでおけば健康になれるわけではありません。健康的な食生活の基本は色々なものを少しずつ、バランスよく食べることです。「過ぎたるは及ばざるがごとし」というように、同じものを摂りすぎるのは良くありません。これは野菜ジュースも同じです。普段の食事で野菜をバランスよく摂るように心がけ、野菜ジュースは野菜摂取の補助としてお役立てください。

引用元:教えて、野菜ジュースのホント!カゴメ株式会社 

野菜ジュースは普段の食事と一緒に飲むことによって、栄養が体に吸収されやすくなります。

普段の食事とバランスを考えながら野菜ジュースをとることが理想の飲み方のようですね。

野菜ジュースを飲めば、野菜は食べなくていいの?まとめ

野菜ジュースを飲めば、野菜は食べなくていいの?まとめ

今回は市販の野菜ジュースに含まれる栄養素と実際の野菜に含まれる栄養素に違いはあるのか、調べてみました。

市販のジュースでは酵素、ビタミンC、不溶性食物繊維の栄養素は失われてしまうので、

市販されている野菜ジュースを飲むだけでは、本来の野菜の栄養素は取れない

ということがわかりました。

しかし、野菜ジュースを加工することで栄養が増す野菜があることもわかりました。

市販の野菜ジュースには栄養があります。

けれど、それだけでは体を健康にたもてません。

栄養の補助食として、食事と一緒にバランスよく飲むことで野菜ジュースの効果が

発揮できる

といえるでしょう。

コメント