妊娠中はトマトを食べたくなる!?つわりも軽減してくれるトマトは妊婦の強い味方!

妊娠中はトマトを食べたくなる!?つわりも軽減してくれるトマトは妊婦の強い味方! 野菜の知識

いつかは終わると分かってはいても、妊娠中のつわりはしんどいですよね。

もりな
もりな

じつは私も、妊娠初期は吐きつわりに苦しめられました。
吐き気の次は頭痛、頭痛の次は痰と、次々訪れるつわりの症状に食は進みませんでした。

食べられるものを探す日々。
そんな中でふと気づいたんです。

「トマトならいける・・・!」

トマトなら食べれそう

そうなんです。トマトだったら不思議と気持ち悪くならずに食べることができました。
それどころか、トマトきっかけで少し食欲も出てきたんです。

もりな
もりな

食べれるようになったおかげで体力も戻ってきて、家事もちょっと楽にこなせるようになったのがどんなに嬉しかったか😂
まさに救世主です!

で、調べてみたらやっぱり私と同じように「トマトなら食べれたよ!」という妊婦さんが多かったです。
この記事ではツイッターの口コミなども交えつつ、「なんで妊娠中はトマトが食べたくなるの?」というのを深掘りしてお伝えしていきます!

後半ではトマトに含まれる栄養素や、妊婦さんにおすすめレシピなどをご紹介していきますね。
それではまいります!

【お試し半額】新鮮野菜をおうちに届けてもらおう!

妊娠中はトマトを食べたくなる!?

妊娠中は味覚や味の好みが変わって、今まで好きだった物が食べられなくなったり、今までそんなに食べてなかったけど、無性に食べたくなる物があったりしますよね。

その中でも、妊娠中にトマトを食べたくなる人は多いみたいですよ。

どうしてトマトが食べたくなるの?

トマトが食べたくなる理由として、2つのことがあげられます。

  • 食べやすさ
  • 妊娠中に不足している栄養素が補える

食べやすさ

トマトは程よい酸味と水分が多いので、つわり中でも食べやすく、調理も簡単です。
つわりがきつい時に、すっぱい物やさっぱりした物を食べると胃や口の中がすっきりし、胃の不快な感覚を引き下げると言われています。

妊娠中に不足しがちな栄養が補える

妊娠すると、血中のミネラルバランスが変化し、カリウムとマグネシウムが不足します。
赤ちゃんを育むために、カリウムとマグネシウムが母体の筋肉や子宮、胎盤や赤ちゃんへと取り込まれ、さらにカリウムは尿への排せつが増えるので、不足した状態になるのです。

カリウムが不足すると、つわりが増悪します。
トマトはカリウムが豊富。
カリウムを補給する事で、つわりの状態が緩和されやすくなるんです。

妊婦中にトマトを食べると、いいことたくさん!

トマトには妊娠中に必要な栄養素がたくさん含まれています。
日々の食生活に積極的に取り入れて、トマトからしっかり栄養をもらいましょう!

トマトに含まれる豊富な栄養素

トマトには美肌効果や風邪予防に役立つビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などが含まれています。
便秘でお悩みの妊婦さんには嬉しいですね!

トマトの赤い色の元になっているリコピンには抗酸化作用があり、体が酸化する事によって引き起こされる動脈硬化やがんを予防する力がある、優れモノ。
また、血糖値の上昇も防いでくれるので、妊娠糖尿病の予防にもなります。
しかもその効果はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれているそうです。

もりな
もりな

それからなんと!妊娠中に摂りたい栄養素の一つである葉酸も入ってるんですよ!

食べつわりの方でも安心

食べないとしんどい。
でも、食べると体重増加が心配。

トマトはそんな食べつわりの方にとっても、強い味方なんです!

トマトの果汁成分には、脂肪燃焼効果がある「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれているんです。
この成分を摂取すると肝臓で脂肪燃焼に働くタンパク質が多く作られ、血糖値が低下するのだそうです。

トマトを食べる時に気を付けたい事

妊娠中は免疫力が落ちたり、体重増加や妊娠高血症候群などの病気も気になりますよね。
妊娠中は特に気を付けたい事が3つあります。

塩分に気を付ける

トマトを食べる時に塩やドレッシングをかけ過ぎてしまうと、塩分の摂りすぎになるので気を付けましょう。

生のままで食べ過ぎない

トマトに含まれるカリウムには体を冷やす効果があるので、生のまま食べ過ぎないように注意が必要です。

よく洗う

トマトの皮にはトキソプラズマ菌が付いている恐れがあります。
生のトマトを食べてトキソプラズマ菌に感染する可能性はかなり低いですが、汚れを落とす為にもしっかり洗いましょう。

良く洗う

妊娠中に食べたい!トマトを使った料理

私はマヨネーズが好きなので、いつもマヨネーズをつけて食べていました。
皮が苦手な私は湯むきして、薄くスライスしたトマトにマヨネーズをつけると、結構ぺろりといけちゃいます。

トマトの湯むきはとっても簡単!
トマトのお尻の方に包丁で大きくばつ印をつけます。
そこに、熱湯→冷水の順でかけるだけで、驚く程簡単に皮がむけちゃうんです(^^♪
この時、熱湯にはくれぐれも注意してくださいね。
でも実は皮に一番栄養があるので、皮ごと食べるのが理想的です。

自作のトマトジュース

トマトをミキサーにかけるだけで簡単にお手製トマトジュースの完成です。

自作のトマトジュース

やっぱり自分で作ると最高にフレッシュで、市販のものとは全然違いますよ!

もりな
もりな

そういえばミキサー欲しかった!という方はおすすめのミキサーを紹介してる記事をどうぞ。

氷もOK!スムージーにおすすめのミキサー10選(選び方のポイントも)
スムージーにぴったりのおすすめミキサーを紹介しています。氷が砕けるのはもちろん、デザインがスタイリッシュでコンパクトな使いやすいタイプも。習慣を続けるにはメンテナンスが楽なタイプを選ぶことも重要です。ぜひあなたに合ったミキサーを見つけてくださいね。
静音ミキサーのおすすめ5選!人気のタイプを安い順にランキング!
人気タイプの静音ミキサーを5つ厳選しました。安いもの順にランキングにしているので、コスパ重視の人にも使いやすい記事となっています。それぞれの商品の特徴やこんな人におすすめ、使った人の口コミも掲載しています。
真空ミキサーのおすすめを口コミ比較!ミキサー選びに悩んでいる方必見!
真空ミキサーのおすすめは?中の空気を抜くことで食材の酸化を防ぎ、口当たりも滑らかになる真空ミキサー。でもどれを買ったらいいの?と悩みますよね。編集部が厳選したおすすめの真空ミキサーを紹介しています。
食洗機で洗えるミキサーのおすすめ5選!Amazon・楽天市場の人気はこれ!
食洗機で洗えるミキサーのおすすめを紹介しています。ミキサーは毎回使って洗うのが面倒ですよね。パーツを分解したり、細かい部分も洗うのはなかなか手間がかかります。カンタンにするためにも食洗機対応のミキサーがおすすめですよ。

トマトとチーズのサラダ

トマトとチーズの相性はバツグンで、一緒に食べる事でリコピンの吸収率がぐっと上がるそうです。
妊娠中だと食べてはいけないチーズもあるので、加熱処理されているプロセスチーズを選んで使うようにしましょう。

作り方は簡単で、食べやすく切ったトマトとチーズを混ぜ合わせます。
そこにごま油とポン酢1対1の割合で作ったドレッシングを馴染ませてください。
ごま油とポン酢の比率はお好みで調整可能です。
ごま油の香りとポン酢の酸味で食べやすいですよ。

ごま油の香りがだめ、という方はオリーブオイル+塩をかけてもおいしいですよ。
オリーブオイルとトマトの相性もすごくいいのです。

ミネストローネ

材料を切って煮込むだけの、簡単ミネストローネです☆

DELISH KITCHENでレシピを見てみる

トマト雑炊

こちらも材料を切ってご飯を入れて煮込むだけの簡単レシピです☆

DELISH KITCHENでレシピを見てみる

トマトは熱を加えると、栄養が体に吸収されやすくなるそうですよ。

トマトは味も品種も多種多様

妊娠中だし、せっかくだからトマトにもこだわりたい!という方は、お取り寄せしてもいいかもしれませんね。
お店では手に入らない、色んなトマトがありますよ!

>>楽天ランキングでお取り寄せトマトを見てみる

まとめ

まとめつわり中は、食べれないしんどさと栄養とらなきゃという焦りとの闘いですよね。
一つでも食べられる物が見つかった時の安心感と、先に進めたような達成感は今でも覚えています。

もりな
もりな

あなたの妊娠ライフが、少しでも良くなりますように。

あわせて読みたい

トマトを長持ちさせる保存方法!常温・冷蔵・冷凍のやり方解説【保存食レシピあり】
トマトは通年市場に出回っているので、普段の食事のメニューにも手軽に摂り入れられている野菜のひとつです。ここでは、トマトを常温や冷蔵・冷凍といった保存方法と手軽で簡単に作れる常備菜に加工してから保存する方法を紹介しています。
トマトとミニトマトの違いと栄養成分「リコピン」を効率よく摂る方法
トマトとミニトマトと言えば普段から食卓に並ぶことが多い食材ですが、実はミニトマトの方が栄養価が高いんです。そしてその栄養素の中でも「リコピン」が豊富なことは有名ですが、効率よく摂るにはカットしたり熱を加える方がいいんです。
野菜ジュースとトマトジュース、健康にはどっちがいいか比較してみよう!
野菜がニガテな人向けに、飲みやすさ重視の野菜ジュースやトマトジュースが増えてます。 もちろん健康にこだわりある人や、野菜が好きな人向けにこだわりの野菜を使ったジュースもあります。 なので、コンビニやスーパーへ行くと種類が豊富すぎ...

コメント