ファイトケミカルの効果って?種類や効能をわかりやすく解説します

ファイトケミカルの効果って?種類や効能をわかりやすく解説します 野菜の知識

私たちの健康維持ため、積極的に取り入れたいファイトケミカル
栄養豊富で、しかも簡単に取り入れることができるんですよ。

でもファイトケミカルといわれて、

  • どんなものなのか
  • どういう効果があるのか

がわからない方も多いと思います。
そこで今回は、

  • ファイトケミカルってなに?
  • どのぐらいの種類、効能があるの?
  • ファイトケミカルを効果的に取り入れる方法

について紹介します。

もりな
もりな

この記事を読んでファイトケミカルの効果を知り、食卓をより栄養豊富にしませんか?

【お試し半額】新鮮野菜をおうちに届けてもらおう!

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルは主に植物に入っている栄養素のことを言います。
具体的には、植物が身を守るために作り出した色素や香り、辛みなどの成分のことです。

名前の「ファイト」が植物、「ケミカル」が成分を意味していて、「フィトケミカル」とも呼ぶことがあります。

もりな
もりな

ファイトケミカルもフィトケミカルも、語源が違うだけで同じものを指します。

ファイトケミカルの種類って?それぞれの効果と共に解説

ファイトケミカルの最も期待されている健康効果は、抗酸化力です。

抗酸化力とはアンチエイジングにつながる作用のこと。
体が老化するのを防いでくれるので、美容や健康にも大切です。

ファイトケミカルは大きく分けると5種類に分けられます。

  • ポリフェノール
  • カロテノイド
  • 含硫化合物
  • テルペン類
  • 多糖類

種類によってさまざまな働きがあると言われています。
それぞれの効果と効能をみていきましょう。

ポリフェノール

ポリフェノール

ポリフェノールは、数年前の赤ワインブームで一躍有名になりましたね。
聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

ポリフェノールは、ファイトケミカルの代表と言われています。
植物の色素やアクの成分で発がんや老化を防ぐ効果が注目されています。

もりな
もりな

ポリフェノールは赤ワインの他に、ブルーベリーやナス、アサイーに多く含まれています。

カロテノイド

カロテノイド

カロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれています。

黄色、橙色の野菜(ニンジン、カボチャなど)には、夜間の視力維持や皮膚、粘膜の健康を維持する働きが期待できます。

赤色の野菜(トマト、スイカなど)には血流を改善する働きが期待できます。
緑黄色野菜の色によって効果が違うので、さまざまな緑黄色野菜を一緒に取り入れて効果を高めたいですね。

含硫化合物(がんりゅうかごうぶつ)

含硫化合物は、刺激のある香りや辛みが特徴です。
血行や血流の促進、改善作用や食中毒の予防の効果があります。

ダイコンやワサビに含まれるあのツンとした辛みが効果を高めてくれているんですよ。

含硫化合物(がんりゅうかごうぶつ)

もりな
もりな

玉ねぎやねぎをすりおろす時にも、独特のねぎの香りがしますよね。
その香り成分も殺菌効果が期待できると言われています。

テルペン類

テルペン類にはハーブや柑橘類などの特有の苦味があるのが特徴です。

テルペン類

抗酸化作用や免疫力強化の効果が期待できます。
また、生活習慣病の予防や抗うつ作用にも良いといわれていますね。

もりな
もりな

女性に人気のアロマテラピーではラベンダーなどのエッセンシャルオイルが使われますよね。
あれもテルペン類に含まれます。

多糖類

抗がん作用やコレステロール血を抑える働きが期待されています。
炭水化物の一種であり、海藻やきのこ、根菜類に多く含まれています。

多糖類

粘り気のあるオクラ、ヤマイモや海藻のぬめり部分に細胞や胃を保護してくれる働きがありますよ。

ファイトケミカルを効果的に取り入れる方法

ファイトケミカルを効果的に取り入れる方法

ファイトケミカルは色々な野菜を組み合わせて摂ることで、より効果的に摂取できます。
特にファイトケミカルが多く含まれているのは野菜の皮の部分

にんじんの皮はむかなくてもいい?そのまま皮ごと食べる方が栄養豊富!【レシピあり】
にんじんの皮むきって大変ですよね。にんじんは皮にも豊富な栄養があります。実はにんじんは皮ごと食べたほうが多くの栄養を摂取することができます。こちらの記事ではにんじんをそのままおいしく食べる方法を紹介しています。にんじんおいしく食べた方は必見です!
りんごの皮の栄養がすごい!農薬は大丈夫?洗い方や皮ごと食べるレシピを紹介
りんごの皮、むいてませんか?実はりんごの皮にこそ多くの栄養が詰まっているんです。健康や美容にも嬉しい効果が期待できるので、この機会に皮付きりんごを食べる習慣をつけてみては?美味しい食べ方レシピも紹介しています。
ぶどうは皮ごと食べると栄養あり!食べやすい品種は?農薬の上手な洗い方も解説
ぶどうは皮ごと食べたほうが栄養豊富でおすすめです!女性には嬉しいポリフェノールという栄養もあり、アンチエイジングにも良いんですよ。でも・・・農薬って大丈夫なのかな?という心配もありますよね。そんな方に向けて上手な洗い方も伝授します!
もりな
もりな

野菜くずは普段は捨ててしまいがちですが、ここは有効活用したいですね!

というわけで、この先ではファイトケミカルをとても簡単に取り入れる方法を紹介します。

スムージーにしてファイトケミカルを丸ごと摂取

スムージーにすると、ファイトケミカルの栄養を壊さずに取り入れることができます。
また、フルーツと一緒にミキサーするので美味しく飲むことができるのもメリット。

特にお子さんは野菜が苦手な場合が多いと思います。

もりな
もりな

「野菜嫌いで、子供の栄養が気になる・・・」
と悩んでるお母さんもいらっしゃるのでは?
(私もそうでした!)

スムージーなら、バナナなどを加えてちょっと甘く作ればお子さんでも美味しく飲んでくれます。
皮のついた野菜を一緒に使って、ファイトケミカルの栄養満点のスムージーはいかがですか?

もりな
もりな

スムージーを作るにはミキサーが必要ですが、持っていない場合はこちらの記事を参考にしてください。スムージー作りにおすすめなミキサーを紹介しています!

氷もOK!スムージーにおすすめのミキサー10選(選び方のポイントも)
スムージーにぴったりのおすすめミキサーを紹介しています。氷が砕けるのはもちろん、デザインがスタイリッシュでコンパクトな使いやすいタイプも。習慣を続けるにはメンテナンスが楽なタイプを選ぶことも重要です。ぜひあなたに合ったミキサーを見つけてくださいね。
静音ミキサーのおすすめ5選!人気のタイプを安い順にランキング!
人気タイプの静音ミキサーを5つ厳選しました。安いもの順にランキングにしているので、コスパ重視の人にも使いやすい記事となっています。それぞれの商品の特徴やこんな人におすすめ、使った人の口コミも掲載しています。
真空ミキサーのおすすめを口コミ比較!ミキサー選びに悩んでいる方必見!
真空ミキサーのおすすめは?中の空気を抜くことで食材の酸化を防ぎ、口当たりも滑らかになる真空ミキサー。でもどれを買ったらいいの?と悩みますよね。編集部が厳選したおすすめの真空ミキサーを紹介しています。
食洗機で洗えるミキサーのおすすめ5選!Amazon・楽天市場の人気はこれ!
食洗機で洗えるミキサーのおすすめを紹介しています。ミキサーは毎回使って洗うのが面倒ですよね。パーツを分解したり、細かい部分も洗うのはなかなか手間がかかります。カンタンにするためにも食洗機対応のミキサーがおすすめですよ。

余った野菜のヘタや皮を使ってベジブロスを作ろう!

ベジブロスは人参のヘタや大根の皮などを煮込んで作るだし・・のこと。
普段は捨ててしまっている野菜くずが、美味しくて栄養満点のスープになるなんて嬉しいですよね。

もりな
もりな

食卓にスープを一品追加すれば、家計の節約にもなりますよ!

ベジブロスの作り方については他の記事で詳しく書いているので、よければ参考にしてくださいね。

ベジブロスの効果がすごい!野菜くずで美肌や健康を手に入れよう!
ベジブロスの作り方や、ベジブロスの栄養や効能をわかりやすくまとめています。 さらに、ベジブロスを上手に使った美味しい料理のレシピなども紹介! ベジブロスの効果や、作り方などについて知りたい方は必見です。
もりな
もりな

ジューサーを使っている方は、搾りかすを有効活用しましょう!
野菜や果物の栄養がぎっしり詰まっているので、捨ててしまってはもったいないですよ。

ジューサー搾りかすは捨てるのもったいない!活用・再利用レシピや使い道【最後は肥料】
普段飲んでいる野菜ジュース&果物ジュースの搾りかすってどうされていますか?使った後、捨てている方も多いと思いますが、実は有効な使い方があります。こちらの記事では、野菜ジュース&果物ジュースの搾りかすの有効な使い方と節約術ついて紹介しています。

まとめ

いかがでしたか?

  • ファイトケミカルってなに?
  • どのぐらいの種類、効能があるの?
  • ファイトケミカルを効果的に取り入れる方法

について紹介しました。

ファイトケミカルは野菜の栄養そのもの!
たくさん摂り入れて、健康生活を目指したいですよね。

ファイトケミカルはさまざまな食材に入っているので、
いろんな野菜を使って食卓を美味しく彩りましょう。

もりな
もりな

というわけで、これからは毎日のご飯作りにもファイトケミカルを意識してみてはいかがでしょうか?

コメント